ソウル弾丸ツアー・到着編

3日前に予約完了とかだったのに、

「ボク窓際で隣りに誰もいないのがイイナー」

ってダメもとで希望したら、

大韓航空さんは僕に無人の3人席をあてがってくれました、ヤリフー!

機内では

たった2時間半の割にはまともかも。

備え付けのゲームやってたらあっという間に着きましたw

オイ、ハングルだよ!
読めないよ!

入国手続きを済ませて外に出ると、
旅行代理店の現地係員さんがすぐに見つかる。
韓国人で日本語話せる人なんで安心です。
あ、オカンっぽいおばちゃんでした。

ホテルまで送迎アリ、ただし免税店に寄る、というプランなのだけど
遅い到着なのでホテル直行とのことです。

「お客さん1人だけなので、タクシーで行くデス」

マジデスカ!

何だか飛行機も送迎も俺1人のために至れり尽くせりなのですがw

「日本からの男の人はね、カジノ、北朝鮮との国境、射撃場、いつも決まってるデス」

と、猛烈に板門店のオプションツアーを勧めてきたのですが、
事情を話して丁重にお断りします。

で、ホテルの目の前でタクシー降ろされすぐにチェックイン。

さすがに格安プランなので場末感漂います。

場所は明洞エリアで繁華街に近くて便利なのですが、
繁華街過ぎて夜は怖いよw

韓国のトイレは下水道が発達していないので
拭いた紙は流さないで近くのゴミ箱に捨てるという文化に衝撃を受けつつ、
とりあえず部屋に辿り着きました。

有線・無線LANがあるので、PC接続はあっけなくOK。
スマホの国際ローミングは、俺の知識が怪しい…
帰ってスンゴイ額を請求されてたらあきらめようw

で、ここまで来てどうしても早速やらなければならないことが一つ。
そのためにたまたま近くにあったコンビニへ。

空港でウォンに両替は済ませてたけど、

俺にとって
初めての
海外での買い物。

めっちゃ緊張して店内を何周もしてしまったw
たぶん日本と変わらず若い子のバイトの店員がカウンターで談笑してる中、
俺はハングルだらけの商品棚をアホみたく凝視してました。

で、商品をレジに持ってくと店員は一斉に無言。
俺も無言で10000ウォン札差し出す。
お釣りもらう。
終了。
人としてのコミュニケーション皆無。

でも、
買い物できたよ!(涙

あ、韓国のウォンはざっくり言えば、日本より0が1個多いです。
1000円が10000ウォンね。

で、何に追われていたかというと。

タバコ吸うための
ライター(切実)

機内に持ち込めないから、現地で買うしかないんです。

ちなみに免税店ではキャスターマイルドは1個250円相当。
410円と比較すると、いかに税率が高いか分かります。

もうタバコ吸うのって俺達の世代で絶滅するかもね~

ということで、
何とかソウルは明洞の宿に辿り着きこの記事を書いてます。
うん、初めての海外で1人で弾丸ツアーとか無謀かもなw

でも俺は明日、戦わなければならないのだよ。

な、デニーロ!

—–


コメント