「パチスロ HEY! 鏡」推定設定6実戦データ公開!

とある地元ホールでの特日。
狙いは増台2日目の鏡、増台初日は15時開放で実質的に増台初日。
増台初日に出ていない、というか「データ履歴に回数が付いていない」台で島レイアウト的に何台か絞ってました。

運よく抽選も良番で狙い台1番手が取れて周囲を観察。
こういう日に、鏡より絆や番長が先に埋まっちゃうのが「このホール打ちやすいな~」と思うところです。

そうは言っても打てる時にしか打たないし狙わないので鏡は初打ち。
あんま偉そうなこと言えないって感じでスマホで解析見ながらのノンビリ稼働でしたw


※以下、ポイントポイントで解析を載せてはいきますが、事細かにすべては書きません。
 もうwebでどこを見てもおおよそは載ってるからね、そちらを参照してください。


まあ、鏡に入れてくるのは間違いないだろうけど、機種1かベース高めか全系かまでは分からないので周囲を様子見です。


すると、自分から1台置いた左角から清水寺(設定2以上確定)
狙いの第2候補だったので、まあ良しというところでした。

自分は規定HEYこそ深めが選ばれて立ち上がりは悪いものの、
初当たり4回で特訓はすべて1回目当選、すでに「これアリやな~」という不安感に満たされていました。

……ええ、不安感。今どきのパチスロ、高設定を確信して展開かみ合わずに全ツしてコロされるなんて当り前じゃないですかw
それよりもすぐに誤爆の2~3000枚出して「設定なさそう……」って推測ヤメ浮きできた方がどれだけ楽でシアワセなことか!

まあ、そういう上ブレ下ブレ当たり前なのがパチスロですけどね。


さて、そんなこと言ってたらさっそく来るわけなんですよ、ハマリが。

なぜここで写真を撮ったかというと、600HEY越えはチャンスモード確定なんですよね。
で、これはまだ2周期目。ざっくり9%~36%の設定差ポイントです。

でも600HEYハマリはイテぇw
番長3でART時に選ばれたモード移行(設定差なし)で深い対決カウンター天井が選ばれたり、
チャンスモードだけど深い対決カウンター天井が選ばれたりとか、
理不尽感が押し寄せることっていくらでもありますよね。

まあ……これはもう大都のお約束かな、と怒らないことにしました。
(いや、パチスロに怒っちゃダメだろw)

結果的にチャンスモード600HEY越えは1日で2回かな。
モード移行に設定差はあっても、規定HEY回数振り分けには設定差なし。
それに振り分けは「200~232:35%」「400~432:25%」「600~632:23%」なので珍しくも何ともないからね。




そんな感じで苦しむことも多々ありながら、打てば打つほどジンワリと設定差が伝わってきます。

・特訓3スルーなし(しかもほとんど、特訓2回目で当たる)
・DZのバススタート少な目
・JETボーナス確定後、少しレア役頑張っただけで青7昇格

この頃には両隣の台が、特訓3スルーどころか950Gのゲーム数天井喰らってたり爆死してたり。
全系はナシ、まあそれはそれでいいです。
このホール、年一レベルでは絆全6とかやったこともあるけど、基本は散らしたりベース高めで「ベースが高くなりそうな機種から入りそうな台を絞ってく」が自分なりのルーチンなので。

でも、不思議なことに台が空くとすぐにカチカチ君やタバコがすぐに放り込まれる。
もちろんデータ表示機で履歴もスランプも分かるんですよ。

まあ、中には何も考えずに座るお爺ちゃんお婆ちゃんもいるけど(そういう人にはたまたま出ちゃって幸せなうちに止めて帰ってほしい)。

でも、一見スロッター風な人がデータ吟味した上で爆死した鏡に座っちゃうのね。
他の機種ならともかく、現行機種でトップクラスで設定推測しやすい鏡にですよ?

もちろん「それ止めといた方がいいよ」なんて声はかけません。
そこは「(こういう人がいるから結果的に助かる……)」と心の中で頭を下げて終わりにします。
それ以上はできないよ、さすがに慈善事業じゃないからね。

それに、自分が初当たり軽くて出玉は伸びずグダってる一方、お隣で天井青7を契機に一撃2000枚超えのエンディング即撤収とかされたりもするわけでw
そこで怒ったり馬鹿にしたらダメだし身がもたないですよ(僕も以前はそうでしたが)。

まあ……そんなの分かった上で恨み節を叫ぶのもアリだと思ってますw

 

 

さて。

そんなこんな下皿や1箱を行ったり来たりしているうちに、ついに現れます。

金閣寺! (設定5以上確定)

正直な感想は、「知ってた……」かなw
そして番長3よりも分かりやすい設定56差(奇遇差)から、まず設定6かと。

出玉が伴う設定差を体感した上での設定5以上確定は、安心感があります。
これが、クソハマリしてる番長3で金閣寺出たら、財布の中身見て覚悟完了しないといけないからねw

まあ、その上で初当たり軽くても出玉伸びずにコロされて「このク〇台が!」と叫んで帰る、なんて未来図もあったりしますが……鏡の6は別格かと。

何と言っても初当たり自体が別格すぎるのが一つ。

それともう一つが、ARTセット毎のベルナビ回数振り分けの設定差が大きい!

自分は主にスロマガ有料サイトの解析を参照しているので見つけられなかったのですが、友人が教えてくれました。
それはガイドステーションの実戦値らしく、おそらく大都からはまだ公開されていない模様(2018/12/26現在)。

ナビ回数 設定1 設定2 設定3 設定4 設定5 設定6
10 57.80% 64.80% 50.00% 56.00% 50.00% 40.70%
20 21.80% 21.60% 28.50% 30.00% 27.40% 44.20%
30 12.50% 5.40% 14.20% 8.00% 14.50% 9.70%
50 3.10% 8.10% 7.10% 4.00% 1.60% 3.50%
100 4.60% 未確認 未確認 2.00% 6.40% 1.70%

ざっくり言えば、「ベルナビ20回が多い」「ベルナビ10回と20回がおよそ五分五分で来る」。
周りを見てて自分の台との違い、違和感はこれが大きかったですね。

大体が10回で終わっちゃってショボーンってところが、自分の台は何かとカモンして結果的にベルナビ20回というのが多かった。

申し訳ないことに、この違和感は途中から気付いたのでベルナビ回数の実戦データは取ってないんだけどね。
ただ、体感で上の数値くらい、下手すれば10回より20回の方が振り分けあった気がするくらいです。

これってもちろん出玉に直結するし、ベルナビ回数が伸びればそれだけ頂対決にも行きやすい。
初当たりだけじゃなくてKC入ってからの伸びまで設定差あるのだから、設定6の別格感がすごいんですよ。

HEY! 鏡の設定6はどうなの? って聞かれたら、僕はこう答えます。

「初当たりとベルナビ回数振り分けが強いので、安定して勝てる」と。

ちなみに5は?って、ふと思ったのですが、一撃エンディングで止めてった台はベルナビ100回とか出してたんですよね。
そう考えると、かなり憶測だけどアノ時座った若者は「状況的にベース高めで設定5のワンチャンある」と思ったのかな。もしそれが正解だったら、ヒキも含めてお見事、ゴメンナサイ。
僕だったら怖くてとてもできません。


コメント